医療レーザー脱毛の仕組みについて

脱毛をする女性の方が増えています。今までは脱毛料金も高めでしたし、ニードルが主流でその痛みもかなり苦痛だったということもありそれほど多くの方が脱毛を受けてはいませんでした。ところが美容皮膚科などでのレーザー脱毛や脱毛エステでの光脱毛などが登場するようになり、痛みも少なくさらに料金も安く脱毛ができるようになったのです。

 

そこで脱毛をする際に、レーザー脱毛と光脱毛のどちらかで迷われる方も多いのです。両方とも毛の濃い部分であるメラニン色素に反応してその毛根を破壊することで毛を生えなくさせるのです。しかしたった一度でその部分の毛を全て処理できるわけではありません。毛には一定の周期があります。現在は毛穴でその活動を休止している毛根もあります。
そして現在そこから成長している毛と、もうすぐ抜け落ちる毛の3段階に分けることができるのです。そして光やレーザーで処理できるのは成長期の毛と抜け落ちる毛だけです。それなので現在休止をしている毛が生えてきたらそれを処理していくことで全ての毛を処理できる仕組みとなっているのです。
レーザー脱毛と光脱毛の違いは、その出力の差です。レーザーは脱毛に適した光を選択してそれをピンポイントで照射しますので毛根を破壊する力に優れています。またレーザーにも複数の種類があります。肌が弱くてレーザー脱毛を受けられるか心配という方もレーザーの種類を使い分けることにより施術が可能となります。

関連ページ

万が一の時も安心
今までに自己処理で肌が荒れた経験があるという方も多いのではないでしょうか。ムダ毛を処理するのは夏場に多いです。
通う回数、施術時間が短い
昔ニードル脱毛を受けたことがありますか?私は一度体験脱毛を受けたことがあります。脇の下の脱毛を20分間受けたのですが、その痛みに耐えられず涙が止まりませんでした。
勧誘がしつこくない!
今までにエステサロンに体験等に行ったことがありますか?その時にまだ入会することを決めたわけではないのにエスティシャンにしつこく勧誘された経験はありませんか?
高い効果が期待できる
脱毛をしたいと考えた時に、医療レーザー脱毛と光脱毛で迷われる方も多いです。その時の判断規準は人によって違います。