肌トラブルがある場合やほくろの部分は?

夏場にムダ毛を処理すると、肌の状態によっては脱毛が出来ない可能性もあります。夏場は紫外線も強く、日焼けをしやすくなっています。それなので肌が炎症を起こしている方も多いのです。そんな状態のお肌に脱毛をするのは危険です。
それは光脱毛でも医療レーザー脱毛でも同じです。基本的に光やレーザーは肌に火傷を起こす可能性が高いのです。それなので施術の際にはジェルを塗って、そしてその後のアフターケアでもきちんと脱毛した部分の肌を冷やすことでそれを防いでいるのです。それなのに肌自体が最初から炎症を起こしているとそれだけでさらに火傷をするリスクが高まります。
そんな状態で脱毛に行った場合は、その日焼けの程度にもよりますが断られる可能性が高いでしょう。ただし医療機関によっては対応が可能かもしれません。それはレーザーの種類を使い分けることができるからです。一般的に脱毛で使用されているレーザーよりも波長が異なるタイプのレーザーを使用すれば日焼けした肌にも使えると言われています。ただしその分脱毛効果は劣ります。

 

また顔や体にほくろがある方も多いです。中にはかなり大きな目立つほくろや盛り上がっているほくろなどもありますがその部分に脱毛のレーザーを当てられません。
レーザーは色の濃い箇所に強く反応しますのでそれにより火傷が起こる可能性が高くなるからです。それ以外の小さいほくろやシミに関してはそのままレーザーを当てることが多いです。

関連ページ

光脱毛との違いは?
医療レーザーでの脱毛か、サロンで脱毛するかで迷う方も多いと思います。それぞれの脱毛には特徴がありますので、それを知っておくと選択するときに参考にできます。
レーザー脱毛はどこで受けられるの?
医療レーザー脱毛を受けたい場合は、どこで受けられるのでしょうか。それは医療機関のみです。法律によりそれは医師の免許がなければ使用してはいけないことに